お役立ち情報


「叫ぶ」派遣労働者

みなさん、長らくお待たせいたしました!
とりあえず、派遣労働者のコーナーを立ち上げました。
みなさんのご意見・ご要望をどんどん盛り込んでいきたいと思います。

労働者派遣法

派遣で働く時のワンポイントアドバイス

厚生労働省>派遣で働く時のチェックポイント

派遣で働くときのチェックポイント


現在、派遣労働は賃金が下がる一方で仕事の責任は重くなっているのが実態です。まずは、自分の 雇用契約がどんな種類なのか知っておく必要があります。また派遣でも労働基準法は適用されます。 派遣元には雇用責任、派遣先には使用責任があります。

派遣労働には、いろんなタイプがあります。(2004年3月1日施行)

①専門的派遣
財務処理、事務機器操作など26種類あり契約書に号数が書いてあるものです。 2004年3月から期限の上限が廃止されました。

②有期プロジェクト型派遣
プロジェクトのための限定雇用の期間制限もなくなりました。

③社員の育児・介護休業取得などの代替派遣
文字どうりの派遣ですが期間制限がなくなりました。

④特定日派遣
月末月初など特定の日に限って派遣する時は期間制限なし。

⑤臨時的・一時的派遣(上記以外)
機関の上限が1年から3年(2004年3月)となりました。 期間を超えて派遣された場合の明示は義務化されました。(物の製造業務・医療サービスも一部解禁)

⑥紹介予定派遣
派遣先受け入れ期間は試用期間としての性格に限定。派遣先との事前面接は解禁

派遣先会社は派遣社員に対し優先的に雇用したり直接雇用を申し込むべき義務があります。

1) 臨時的一時的派遣を、同一場所同一業務で1年以上派遣を使用し派遣期間終了後は新たに自社で直接従業員を雇用する時→優先雇用努力義務

2) 臨時的一時的派遣の派遣期限が迫っている通知を派遣元会社から受けたが期限後もその派遣社員を使用しようとする時→直接雇用申込義務
なお、派遣元会社は派遣社員に派遣する際に就業条件の明示として派遣先会社の派遣期間がいつまでかを通知しなければなりません。

3) その他の期間制限のない派遣社員を同一場所同一業務で3年以上使用していたが、新たに自社で直接従業員を雇用しようとする時→優先雇用義務

2)3)に違反した場合には勧告や企業名公表が行われます。

関連ページ


お役立ち情報

出版のご案内

マスコミ・報道

リンク集

ページの先頭へ戻る